Home

牛腸 茂雄 映画

牛腸 茂雄, 山形美術館, 三鷹市芸術文化振興財団三鷹市美術ギャラリー, 新潟市美術館, 共同通信社, 共同通信=, 紀久子, 小川作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また牛腸茂雄作品集成もアマゾン配送商品なら通常配送無料。. どんな映画か &39;83年にわずか36歳で夭逝した写真家、牛腸茂雄。牛腸の写 真のまなざしは没後しだいに味わいを増し、人々の心をとらえていった。. 92年(平成4)に写真誌『デジャ=ヴュ』が「牛腸茂雄特集」を組み、それをきっかけに『self and others』も94年に新装版で復刻された。 また年には佐藤真(1957―)監督による、「牛腸茂雄のまなざし」をテーマとするドキュメンタリー映画『SELF AND OTHERS. 牛腸茂雄 の出演作品リストがレビュー付きでチェックできます!.

See full 牛腸 茂雄 映画 list on cinemarche. 牛腸茂雄関連短編映画上映会 牛腸茂雄が制作に関わった映像作品を特別上映いたします。 上映予定作品:「まち」(黒白映画・5分)、「The Grass 牛腸 茂雄 映画 Visitor」(カラー映画・7分)、 「Game Over」(カラー映画・7分) など。 (全作サイレント / 合計約40分). 牛腸(ごちょう)茂雄さん。 幼いころの病気によって、 身体にハンディキャップがありました。 情報自体が少ないこともあって、 牛腸 茂雄 映画 作品を見つめていると、 牛腸茂雄さんってどんな人だったのか、 知りたくなりました。. self and others()の映画情報。評価レビュー 2件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:西島秀俊 他。 「阿賀に生きる」の佐藤真監督が、1983年、36歳という若さでこの世を去った写真家・牛腸茂雄(ごちょう・しげお)の業績とその生きざまにスポットを当てたドキュメンタリー。. 『self and others』(せるふあんどあざーず)は、 牛腸茂雄の写真集。 下記の写真集で詳述。; 1.

牛腸茂雄のドキュメンタリーということもあるけれど、佐藤真の映画ということで見たかったのに*1何度か機会を逃して漸く鑑賞、アテネフランスにて。 「阿賀の記憶」を見たときの「(ドキュメンタリー)映像というよりも散文詩のような」印象がざああっと蘇る、不思議な映画だった. 牛腸茂雄『見慣れた街の中で』(Nadiff) 牛腸茂雄の写真は昔から好きで、愚直なほどストレートなまなざしに魅かれていた。 彼の写真の多くはモノクロによるものだが、この『見慣れた街の中で』(1981年)はカラーリバーサルによる作品群である。 それに対し、映画では、《麦》という亡霊から解き放たれ、希望を感じさせる終わり方。物語の先を予見させる終わり方になっている。非常に脚色としても鋭いエンディングだと言えよう。 ポイント2:牛腸茂雄. こうして、幾人もの方との出会いを経て映画に映し出された牛腸茂雄作品。 ご覧になる方々にはどのように映るのでしょうか。 最後に極々個人的なことを書かせてもらえば、『self and others』のカメラマンはたむらまさきさんです。. 日本のドキュメンタリー史において、独自の足跡を残した映画監督・佐藤真の生誕60年、没後10年、さらに代表作『阿賀に生きる』完成25周年を記念して、年9月15日(金)から10月15日(日)まで新潟市の文化・芸術施設砂丘館にて「映画監督・佐藤真の新潟―反転するドキ.

牛腸茂雄関連 短編映像作品上映会 【会期】10月18日(金) – 20日(日) 牛腸茂雄が制作に関わった映像作品を特別上映いたします。 詳細は随時Web等で告知致します。. self and othersの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。36歳という若さで亡くなった写真家、牛腸茂雄の世界を、様々な視点から. 牛腸茂雄 山形美術館ほか 編 共同通信社 年 ソフトカバー 332ページ サイズ: 205×230mm 年に山形美術館ほかで開催された「牛腸茂雄」展の展覧会カタログ。『日々』『Self and Others』『幼年のとき』の各写真集に収録された図版、『扉をあけると』のインクプロットのシリーズなどを. SELF AND OTHERS(年4月28日公開)の映画情報、予告編を紹介。「阿賀に生きる」のドキュメンタリー作家、佐藤真監督の最新作。わずか36歳で早世した、写真家・牛腸茂雄.

8ミリ、16ミリの映画制作にも挑戦している。 存命中に発表した写真集「SELF AND OTHERS」では日本写真協会新人賞を受賞。死後、1992年4月に季刊誌「deja-vu」第8号で牛腸茂雄特集が組まれてから、牛腸茂雄を再評価する気運が高まる。. © 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS 【公開】 年(日本映画) 【監督】 濱口竜介 【原作】 柴崎友香『寝ても覚めても』(河出書房新社刊) 【キャスト】 東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子 【作品概要】 同じ顔をした二人の男に惹かれる一人の女・・・。東出昌大が一人二役に挑戦し、新星・唐田えりかがヒロイン朝子とともに成長した姿を見せる瑞々しい恋愛映画の傑作。 柴崎友香の原作を『親密さ』()、『ハッピーアワー』()の濱口竜介が映画化。初の商業映画デビューを果たした。第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。. 新潟県 加茂市出身。.

牛腸茂雄さんの写真は牛腸しか人間関係が分からない私的な世界なのに私たちとも関係があるように見えてくるという不思議な世界。 映画もそんな作品にしたかった。. 牛腸茂雄という写真家がいた。この作品から、写真のまなざし、写真の声が聞こえてくるだろう。「self 牛腸 茂雄 映画 and others」の上映スケジュール・上映館・あらすじ・感想レビュー・みどころ・スタッフ・キャスト・予告篇を紹介します。. 俳優「牛腸茂雄」が携わった映画1作品を紹介。現在上映中の「self and others」の出演(声)(声 役)。. 牛腸茂雄という写真家がいた。 83年にわずか36歳で早世した時、彼の写真の奥深さに気づく人は少なかった。 自分の身の回りのありふれた人々が、ただカメラを見詰めているだけのあまりにも日常的な写真である。. 牛腸 茂雄 映画 水都大阪を象徴する川辺の風景から、堂島にある国立国際美術館で運命の出会いの場となる「牛腸茂雄写真展 self and others」のシーンに。 いくつか写真がある中でも、瓜二つの双子の少女の写真の前で立ち止まるのがヒロインの朝子だ。. 「牛腸茂雄展 - 自己と他者 - 」を観に三鷹まで。中央線に乗るのは、うーん、20年ぶりくらい。 写真は門外漢で、写真家と呼ばれる人の名前などほとんど知らない私だが、雨の中、わざわざ出張って行ったのは牛腸さんとは生前少しだけ面識が有ったのと、その頃拝見した作品がとても. 牛腸 茂雄(ごちょう しげお、1946年 11月2日 - 1983年 6月2日)は、日本の写真家。 コンポラ写真の代表的な作家。.

牛腸茂雄「self and others」より では「寝ても覚めても」ではどうなのか。 ここでは、人物たちの視線の交換が、他者を受け入れるか否かという. © 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS 掴みどころがないけれど、蠱惑的な魅力に溢れた麦と、誠実でどこまでも優しい亮平、どちらのキャラクターにも生き生きとした息吹を与えた東出昌大の功績が光ります。 本作が本格演技デビューの唐田えりかが朝子に扮し、初々しさの中に、凛とした佇まいを見せ、見るものを魅了します。 彼女の正面を捉えたアップ。私たちをまっすぐ見つめてくる眼差しの強さに驚きを隠せませんでした。 主役の二人以外のキャラクターも皆、生命が宿っているのが多くの群像劇を描いてきた濱口監督作品ならではで、串橋を演じた瀬戸康史、マヤ役の山下リオ、島春代役の伊藤沙莉らが、強烈な個性を発揮しています。 とりわけ、春代役の伊藤沙莉の大阪のおばちゃん風関西弁は完璧で、彼女が関西出身でないことに驚かされました。また、少しの出番ながら、平川さんを演じた仲本工事も忘れがたい味がありました。 上記の「感想」の中で、麦と朝子がむしろ双子であると書きましたが、それに対極するのが亮平とマヤです。 どちらも気配りの人。思考回路に共通点がある。そう、二人はよく似ているのです。 本来ならこの二人が恋人同士になっていたっておかしくない。しかしそうはならないところが男女の可笑しみです。 一人で大阪に旅立っていく亮平を身重であることを忘れて思わず追いかけるマヤ。あのシーンがたまらなく愛おしい。こうしたエピソードをきちんと残せるのが、濱口作品の素晴らしさの一つです。 そして、もう一つ大切なのは、この作品が「猫映画」であることです。朝子が亮平を愛おしいと思っている時に、そばに必ずじんたんという名の猫がいます。 東北から帰ってきて疲れて眠ってしまった亮平の背中に朝子が頬を寄せる時、じんたんは背後に座ってそれを観ています。 麦のことを初めて打ち明けた時の亮平の優しい反応に思わず朝子は抱きつきますが、画面の手前にじんたんがしっかり陣取っています。 ラストシーンでもしっかり近くにいるじんたん。二人の側にじんたんがいるとき(だけ?)、二人には安泰が約束されているのかもしれません。. © 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS 映画の冒頭、朝子と麦が出逢う場面が素晴らしすぎて、そこで既に本作が大傑作であることを確信しました。 二人を中央にして画面の左右に分かれて爆竹とともにジャンプする中学生(高校生?)たち。 ジョニー・トーの『ターンレフト・ターン・ライト』()の男女のように、それぞれ右へ左へと曲がり別の道を行こうとしていた出逢うはずのなかった二人が、彼らの間に挟まれ動きを封じられたことで、向かい合い、一瞬に恋に落ちる。 このスローモションのショットに完全にまいってしまったのです。 「そんな馴れ初め、こんな世の中にあるかーい!」と後に、岡崎に突っ込まれてしまうのですが、『ターンレフト・ターン・ライト』のように、とことんすれ違い続けるメロドラマがあるのだから、花火のように弾けて一瞬で成就する恋があるのも必然でしょう。 出逢いの話といえば、麦との出逢いと亮平との出逢いに共通するのが牛腸茂雄の写真展です。 彼の写真の中に双子の女の子が被写体のものがあります。なんだか『シャイニング』の双子の女の子を思わせたり、ダイアン・アーバスの作品を連想させますが、何しろ、麦と亮平は瓜二つで、この写真は物語の象徴とも受け取れます。 麦と亮平は顔はそっくりですが、性格はまるで違う。東出昌大が一人二役を演じているのですが、そういえば最近観たフランソワ・オゾンの『2重螺旋の恋人』がまさにそれでした。 性格のまったく違う双子の精神科医をジェレミー・レニエという俳優が一人二役で演じていました。 とはいえ、麦と亮平は顔が似ているだけで双子ではありません。むしろドッペルゲンガーや「ダブル」と呼ぶべき存在なのでしよう。 そして不思議なことにいくら顔が似ていても、彼らを牛腸茂雄の双子の女の子のように並べた絵面を思い浮かべることができないのです。 むしろ、双子というのなら、それは麦と朝子ではないでしょうか? 二人は精神的双子とも呼べるほど、よく似ているし、同じ種類の人間と言ってもいい。二人を全身モノクロにして牛腸茂雄の写真のように脳内で並べてみたら、ものすごくしっくりくるのです。 朝子というのは迷ってばかりで頼りなげな優柔不断のおとなしい女の子に一見見えるんだけど、彼女はずっとはっきりした考えを持ち、自分の意志を真っ直ぐ貫いていく人な. 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。 映画『寝ても覚めても』あらすじ (c)「寝ても覚めても」製作委員会/comme des cinemas. 年には回顧展「牛腸茂雄」(新潟市立美術館、山形美術館、三鷹市民ギャラリー)が開催され、年には佐藤真監督によるドキュメンタリー映画「self and others」が製作され大きな反響を呼ぶ。. comより) 幼少の頃に胸椎カリエスを患い、以後成長が止まり20歳まで生きられないと医者に宣告され、背骨が曲がる後遺症と闘いながら1983年に36歳でこの世を去った写真家 牛腸茂雄の人物像を追った佐藤真監督のドキュメンタリー作品。. 牛腸茂雄のあの肉声は、まさしくそのような声だった。 この映画を見ていて、久しく映画から感じたことのなかった感銘を受けた。こういうものを見るために、今まで映画を見てきたのだとさえ思った。. 東出昌大が主演を務める、9月1日公開の映画『寝ても覚めても』に、蓮實重彦ら各界の著名人がコメントを寄せた。 芥川賞作家・柴崎友香による.

© 映画「寝ても覚めても」製作委員会/ COMME DES CINÉMAS 朝子は、大阪中之島にある国立国際美術館で開催されている牛腸茂雄の写真展にやってきました。彼女の後ろをぼさぼさの髪をした背の高い男性が鼻歌を歌いながら軽やかに通り過ぎていきました。 朝子は男性の後ろ姿をみながらエレベーターを登っていきますが、まだ二人はここでは互いを意識していません。 美術館を出て、男性が右手に、朝子が左手へ曲がろうとした瞬間、中学生(高校生?)たちが遊んでいた爆竹が炸裂して無邪気にはしゃぐ彼らに挟まれる形で二人は顔をあわせます。途端に二人は恋に落ち、キスを交わすのでした。 牛腸 茂雄 映画 朝子の友人の島春代は、「あの男はあかん。確かに顔はいいけど、一番あかんやつやで。しばらくしたら泣くことになる」と忠告しますが、朝子は男性の麦(ばく)という名前の由来を楽しそうに語るばかり。 麦は朝子をバイクに乗せて、道路を滑走していましたが、気がつくと、二人は道路に投げ出されていました。やがて目を開けた二人は笑いながら、近づき、キスを始めるのでした。事故の相手が戸惑ったように二人を見下ろしていました。 朝子の大学の知人である岡崎伸行の家に麦は下宿していました。朝子と麦、島春代は岡崎の家に集まって、食事をしたり、花火をして楽しい時を過ごしました。 すっかり夜も更けた頃、麦は「パンを買いに行ってくる」と言って、フラっと出ていきました。「今食べたとこやん。意味がわからん」という春代に岡崎は「一人になりたい時だってあるのよ」となんでもお見通しというふうに言い、朝子はフフっと笑って、いつの間にか眠ってしまいました。 目を覚ますと、体にはタオルケットがかけられていました。もう夜が明けていました。岡崎は起きて、ベランダの花に水をやっていました。 「今何時?」「6時くらいかなぁ」 朝子は麦がいないことに気が付きます。あわてる朝子に、麦は時々ふらっといなくなって、気まぐれに戻ってくる、こんなことしょっちゅうだから気にすることはないと岡崎は告げます。 やがて麦が帰ってきました。朝子は駆け寄って不安だった気持ちをぶつけるかのように麦に抱きつきました。おじいさんに出会って、ほうっておけなかったんだと麦は言い、必ず朝子のところに戻ってくるからと彼女を抱きしめるのでした。 それからしばらくして「靴を買いに行く」と言って、. それでいえば、最初ふたりが牛腸茂雄の写真展で出会うのもいい。牛腸茂雄の写真は映画にもなっていますが、この辺の「芸術」への目配りが本. /10/16 - Pinterest で 袴田 章子 さんのボード「人」を見てみましょう。。「映画 ポスター, 牛腸, 写真」のアイデアをもっと見てみましょう。. 牛腸茂雄、という写真家については年春、「ユーロスペース」で公開されていた彼についてのドキュメンタリー映画「SELF AND OTHERS」を見て思ったことをつづった文章があるのでまず、それから紹介しておく。.

映画『阿賀に生きる』の関連資料 スチール写真(村井勇撮影) 牛腸茂雄の写真と石塚三郎旧蔵写真 佐藤哲三の絵画 ほか 佐藤真の著書、 映像関連の資料などを 砂丘館ギャラリー(蔵)で展示. ☆未読保管品☆牛腸 茂雄(ごちょう しげお)映画「self and others」パンフレット ユーロスペース 年 佐藤真 監督当時、仕事の関連で頂きましたが、いただいた時に入っていたビニール袋に入ったまま、まったく読むことなく書庫で保管しておりました映画パンフレットですた.